CATEGORY

4,000円以上のお買い上げで送料無料 TEL 0742-94-0622
営業時間 9:00~17:00  定休日 土日祝

×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  深蒸し茶とは

深むし茶とは

深むし茶とは

深むし茶とは

荒茶製造の第一段階に、茶葉を蒸す工程があります。この蒸し時間の長さにより
「普通蒸し茶」「浅蒸し茶」「深蒸し茶」と言った呼び方をされるようになりました。
一般的には蒸しの浅いお茶は、形がきれいに伸び、濃緑色で粉が少なく、
上級茶では「針のような」と表現されることがあります。
 また、上級茶でお茶を入れると、黄色みを帯びた透明の、すい色で、山吹色が最高だとされています。

一方、深蒸し茶は、形が短くつぶれていて、やや黄色みを帯びた濃緑色で、
見た目は、粉が多くあまり良いとは言えません。
普通蒸し茶を見慣れた方は、粉っぽく下級茶のような印象を持たれます。
しかし、いったん急須で入れれば、深く濃い緑色、青臭の少ないまろやかな香り、強い甘みとこくがあります。
「見た目の良さより、飲んでおいしいお茶」これが深蒸し茶の最大の特徴と言えます。

深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは
深蒸し茶とは